クリニックへお越しの方へ

以下のものをご持参ください。

保険証・お薬手帳のイメージイラスト
  • 健康保険証(※初診、月初めの受診)
  • 当院の診察券(※再診の方のみ)

※以下はお持ちの方のみご持参ください。

  • お薬手帳
  • 病院の紹介状
  • 各種医療受給者証
  • 他の医療機関での検査結果

ご来院にあたりまして

  • 37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様。)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方はご来院になられるまでに一度お電話にてご連絡ください。
  • 他の医療機関でお薬を処方されている方は、お薬手帳のご準備またはお申し出ください。
  • 就職・転職・退職等により、ご加入の健康保険証に変更があった場合は、新しい健康保険証をご提示ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。

診療内容

整形外科

整形外科は、筋肉、神経、骨、靭帯や関節(ひざ、肩、腰、首)などの治療をする診療科目で、若い方からお年寄りの方までおこりうる打撲、捻挫、骨折、腰痛に加え、当クリニックではご高齢の方に多い変形性ひざ関節症・骨粗しょう症などの専門治療も行っております。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル量(骨密度)が減り骨がもろくなる病気です。背中や腰が曲がってきた、身長が縮んできた、腰や背中がいつも痛む方は注意が必要です。女性の患者様が8割位を占めており、女性ホルモンの分泌が低下する更年期以降の方に多く見られます。重症になりますとせきやくしゃみでも骨折することもありますので、気になる症状がある方や過去に一度でも骨折をしたことのある方はご相談下さい。当院では、最新の骨密度測定装置や血液検査のデータを解析し、患者様の状態に応じてオーダーメイドの治療を実践しています。

ひざ関節治療

高齢化の進展に伴い、変形性ひざ関節症をはじめとする関節疾患を主訴に来院される方が増加しました。これまでの治療内容を伺い、手術をしない治療(保存的治療)が十分にされているか検討します。それぞれの患者さんにとって年齢や背景、筋力に応じた最適な治療方法を提案しています。

各種ブロック注射

ひざ、肩、腰、首など神経の炎症がある場所の注射をすることによって、炎症を抑え組織の血流改善をし、一時的に痛みを抑えることではなく痛みの悪循環をたち、自分自身の自己治癒力で症状の緩和にもっていく治療です。

リハビリ

当クリニックは、最新のリハビリ機器を導入し物理療法を行っています。開院当初はリハビリ機器を用いた治療となりますが、今後理学療法士によるリハビリに対応する予定です。"対話する医療"の理念のもと患者様とじっくりお話をし、患者様にとってベストな治療を実現していきます。

内科

当クリニック内科は、動機・息切れ・胸の痛みなど循環器科を中心とした体の不調や、健康診断での異常値などに適切に対応いたします。女性の循環器専門医が担当します。
各種ワクチンや検診等も内科で受診していただけます。

循環器内科

循環器内科では、高血圧、動悸、息切れ、不整脈など症状や狭心症、心筋梗塞など心臓・冠動脈・大動脈・血圧等の循環器全般の疾患を診療しております。心臓などに具体的な病気の兆候が見られない方でも、体調などで何か不安がございます場合は、女性の循環器専門医が丁寧に診察せていただきますのでご相談ください。

生活習慣病

生活習慣病に代表される脂質異常症、痛風、高血圧、糖尿病の治療に力を入れています。適切な治療を受けずに放置していると、心筋梗塞など、命に関わる疾患を引き起こすこともありますので、健康診断で異常が見つかった方は早めに当クリニックにご来院ください。

各種ワクチン

インフルエンザ、肺炎球菌、帯状疱疹ワクチンなどの予防接種を行っております。
その他につきましては、お問い合わせお願いします。

検査

当クリニックでは採血、レントゲン、骨密度検査(DXA法)、骨代謝マーカー検査、心エコー、心電図、脈波伝播速度検査(PWV), 足関節上腕血圧比検査(ABI)を行っております。