生活習慣病とは

生活習慣病のイメージ写真

生活習慣病には、痛風、糖尿病、脂質異常症などがあります。
いずれも運動不足や過食、肥満といった生活習慣の不摂生が主な原因となる慢性疾患です。
我が国では食生活の欧米化や生活スタイルの変化により、生活習慣病が増加の一途を辿っています。

なお、生活習慣病は一つ一つは軽症であっても、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。
そして、重なることによって各症状がひどくなったり、動脈硬化を進行させて脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患に結び付いたりする危険性も高まるのです。
そのような事態を招かないよう、たとえ自覚症状が無くても、早めに生活習慣を改善するための対策を講じることが大切です。

主な生活習慣病

高血圧

高血圧の詳細は循環器内科へ

糖尿病

通常、血液中のブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンの作用によって細胞に取り込まれてエネルギー源になったり、脂肪やグリコーゲンという物質に変えて肝臓や筋肉に蓄えられたりします。
しかし、何らかの理由で血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなり、血液中にブドウ糖がだぶついてしまうことがあります。
これが糖尿病です。長期にわたり血液中のブドウ糖の過剰な状態が続くと、全身の動脈硬化が進行し、悪くすると心筋梗塞や脳梗塞、人工透析や失明、足切断など、深刻な事態にも陥ります。

糖尿病の治療目標は、血糖値を正常に保つことによって合併症を防いだり、健康状態の悪化を食い止めることはです。
そのために重要になるのが継続的な血糖値コントロールです。
食事療法や運動療法を行い、それでも血糖値コントロールが難しい場合、内服やインスリン注射を用います。
最近は糖尿病の内服薬の選択肢が増え、将来わたって膵臓の機能が温存できるようになりました。それでも治療困難な場合や1型糖尿病に対し、当院ではインスリン導入や処方が可能です。

脂質異常症

脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪が多過ぎる、または少な過ぎる場合に引き起こされる疾患です。
以前は、高脂血症と呼ばれていましたが、脂質が低すぎる場合も問題視されるようになり、近年は脂質異常症と称されています。

脂質異常症を放置すると、動脈硬化が進行し、やがては心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。
不摂生な食生活や喫煙、飲酒、運動不足などを続けていると脂質異常症になりやすくなるので、生活習慣の改善に努めるようにしましょう。
これにより、血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化の進行防止にも役立ちます。

痛風(高尿酸血症)

痛風は、暴飲暴食などで尿酸が体内で尿酸過剰になり、血液に溶け切れなかった尿酸が親指のつけ根などの関節部分にたまって、結晶化することによって炎症をおこし赤く腫れ痛みます。
酷い場合には風が患部に吹きつけるだけでも激しく痛むところから痛風と名付けられたと言われてます。
血液中の尿酸の濃度を示した血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると高尿酸血症の状態となります。
痛風は、基本的な生活習慣や食生活の見直しなどの改善が必要です。